とれたぁ!

8月2日(日)に番生寺(ばんしょうじ)ファミリー農園でえだまめの収穫(しゅうかく)体験会(たいけんかい)をしました!

まずは、えだまめについてのレクチャーから。「えだまめって、どうして『枝豆(えだまめ)』っていうのか、知ってる?」「(えだ)(まめ)ができるからだよ。エンドウマメやインゲンマメは(つる)に豆ができるんだよ。」「クローバーも豆の仲間なんだよ」

なかなか抜けない!

いよいよ、お待ちかねのえだまめ抜き。想像していた以上に力が必要。なかなか抜けない!

えだまめを抜いたら、枝から豆をはずします。

黒マルチの隙間(すきま)から出てきたコオロギをつかまえるのに夢中。

ゆでたえだまめ

取れたえだまめをさっそく塩ゆでに。「あまくて、おいしい!」という声がたくさん聞かれました。

新型肺炎の流行で、種まきの時は体験会をすることはできませんでしたが、何とか収穫体験会は開催(かいさい)することができました。

この経験(けいけん)が子どもたちにどんな影響(えいきょう)を与えるのか、どんな学びになったのか、それは分かりません。

しかし、実施した者としては、今回収穫して食べたえだまめが「おいしかった」ということを覚えていて欲しいな、と思います。「自分たちが収穫した」からなのか「取ってすぐゆでて食べた」からなのか、「外でみんなで食べた」からなのか、「無農薬、無化学肥料で育てた」からなのか、「そもそもえだまめはおいしい」からなのかは分かりませんが、「(しょく)には喜びがある」という経験が人生を豊かにしてくれるのではないかと思うのです。

また、食べるためには、収穫し()(はず)し選別するという作業が必要だということを体験したことは価値のあることだと思います。虫食いのある豆を捨てるときに「ちょっともったいないな」と思う気持ちを感じたかもしれません。「少し形の悪いえだまめでも食べられそうだな」と思ったかもしれません。「えだまめの実を外すのって、けっこう面倒臭(めんどうくさい)いな」と思ったかもしれません。これらの経験があるかないかで、ただ買ってきてゆでて食べるだけとは違った価値観を持つことができるのではないでしょうか。

次はサツマイモ(安納芋(あんのういも))の収穫体験会を10月頃に実施しようと思います!その際は、ぜひ、ご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です