2020年12月13日(日)、諏訪原城(すわはらじょう)探検(たんけん)ウォーキングを開催(かいさい)しました!

かなや観光ボランティアガイドの植野(うえの) (おさむ)さんと大村(おおむら) 和夫(かずお)さんに解説をしていただきながら、じっくり2時間の行程でした。

植野 修さん(左)、大村 和夫さん(右)

まずは諏訪原城(すわはらじょう)ビジターセンターの駐車場に集合。

風がちょっと強かったですが、冬晴れの(もと)、元気に出発です。

茶畑の向こうに、(あわ)(たけ)の「(ちゃ)」の文字が見えます。

惣曲輪

惣曲輪(そうくるわ)です。見下ろしながら、その深さを実感します。人や馬が()りて(のぼ)っていたのでは、(てき)から攻撃(こうげき)されてしまいますから、進撃(しんげき)のスピードが落ちる仕組みです。

()曲輪(くるわ)北馬出(きたうまだし)

()曲輪(くるわ)中馬出(なかうまだし)に立っています。()曲輪(くるわ)北馬出(きたうまだし)(もん)突破(とっぱ)しても、この(ほそ)通路(つうろ)一列(いちれつ)になったところを(ねら)()たれたことでしょう。手前(てまえ)(はし)は、(てき)侵入(しんにゅう)して来たときには(こわ)して(わた)れないようにすることになっていたそうです。

外堀から二の曲輪へ

外堀(そとぼり)(わた)通路(つうろ)です。みんなが()っている場所(ばしょ)はかつて(はし)()けられていました。ここも(てき)侵入(しんにゅう)しようとしたら(こわ)すことになっていました。(てき)(しろ)侵入(しんにゅう)してこないように、何重(なんじゅう)にも(まも)っていたことがわかります。

外堀

外堀(そとぼり)です。右と左で斜度(しゃど)(ちが)うのがわかりますか?右は(しろ)外側(そとがわ)()めてきた(てき)()ちるように垂直(すいちょく)になっています。左は(しろ)内側(うちがわ)()ちた(てき)にトドメを()すために、人が()りていけるように(なな)めになっています。

いよいよ城の内側です。

()曲輪(くるわ)には、兵士達(へいせいたち)住居(じゅうきょ)武器庫(ぶきこ)などがあったそうです。本曲輪(ほんくるわ)には城主(じょうしゅ)指揮所(しきしょ)物見櫓(ものみやぐら)があったと言われています。

本曲輪
島田市と富士山を臨む

本曲輪(ほんくるわ)からの景色(けしき)です。島田市が一望(いちぼう)でき、富士山や伊豆半島が見えます。

扇の要

諏訪原城(すわはらじょう)東端(とうたん)。この(じょう)(うつく)しい扇形(おうぎがた)をしており、ここはその(かなめ)場所(ばしょ)です。背後(はいご)断崖絶壁(だんがいぜっぺき)で「(うし)堅固(けんご)(しろ)」のお手本(てほん)のような(しろ)なのです。

カンカン井戸

内堀(うちぼり)の中にあるカンカン井戸(いど)です。およそ10mの(ふか)さがあったそうです。(はる)(はな)れた(みなみ)アルプスの山々(やまやま)から(なが)()地下水(ちかすい)圧力(あつりょく)()けて、(みず)()()していたそうです。

二の曲輪

()曲輪(くるわ)(もど)ってきました。「この広い場所でキャンプしたら楽しいかもね」「この場所で(おに)ごっこしたらいいんじゃない?」「(いくさ)ごっこでしょう。()める(がわ)(まも)(がわ)(たたか)えば、この(しろ)意味(いみ)がわかると思うよ」「宝探(たからさが)しなんてどう?(かみ)(たから))を(かく)して、それを(さが)してもらうの」。この城跡(じょうせき)活用(かつよう)するアイディアが()()してきました!

諏訪神社

諏訪神社(すわじんじゃ)です。武田(たけだ)勝頼(かつより)(はは)信玄(しんげん)(つま))の出身地(しゅっしんち)諏訪(すわ)だったようで、諏訪大明神(すわだいみょうじん)勧請(かんじょう)したようです。

諏訪原城模型

諏訪原城(すわはらじょう)ビジターセンターに来ました。島田工業高校(しまだこうぎょうこうこう)生徒(せいと)さんが作った諏訪原城(すわはらじょう)模型(もけい)(ジオラマ)で、(いま)見学(けんがく)したことを復習(ふくしゅう)します。

このジオラマは大変(たいへん)よくできていますが、(あそ)(ごころ)満載(まんさい)で、サッカー選手、ラグビー選手、(あし)ガール((かる))もいますよ!

金谷地区(かなやちく)にこんなに広大(こうだい)城跡(じょうせき)があることをご存知(ぞんじ)でしたか?ここは、武田(たけだ)勝頼(かつより)本気(ほんき)縄張(なわば)りを(めい)じ、徳川家康(とくがわいえやす)がさらに手を(くわ)えて堅固(けんこ)にした戦略上(せんりゃくじょう)超重要(ちょうじゅうよう)(しろ)なのです!

今回(こんかい)は、第1回目の諏訪原城(すわはらじょう)探検(たんけん)でしたが、楽しいアイディアがたくさん()いてきました。これから面白(おもしろ)いイベントを企画(きかく)していきますよ!

自家焙煎珈琲アルム
和カフェ すわはら

近所にたくさんカフェがあるのに驚きました。帰りに寄ってみましょう!

このイベントはふじのくに未来財団「静岡トヨタ自動車(株)ハイブリッド基金」の助成を受けて実施しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です