大豆の種蒔き

2021年6月26日(土)、番生寺ファミリー農園で、味噌用大豆の種蒔き体験教室を開催しました。

前回のサツマイモ植付けにも参加してくれた2家族が今回も参加してくれました!

農業用黒マルチシートに30cm間隔に穴を開けておき、そこに3粒ずつ種を蒔いてもらいました。

シートの穴に3粒ずつ

種蒔きの後は、野菜の収穫。

野菜の収穫

ナス、ピーマン、オクラ、キュウリ、青トウガラシが収穫できました!

「ピーマンの花って、小さくってカワイイね」

「オクラの花って大きいね」

「トウガラシって、上を向いてなるんだ」

などの、気付きがたくさんありました。

おみやげとしてお持ち帰り

収穫した野菜はおみやげとして持ち帰っていただきました。

ピーマンがいっぱいでしたが、

「俺、ピーマン苦手」

「ぼく、ピーマン食べられる」

と言っていました。この収穫体験を機に、「ピーマンをちょっと食べてみようかな」という気持ちになってくれるといいですね😅

バッタとり

解散した後、子どもたちはしばらくバッタとりに夢中になっていました。

スーパーで買ってくるお野菜も、このような体験をすることで、ちょっと意味が変わってくると思うのです。きれいで立派に育てた農家さんを尊敬したり、それを育てた農家さんの苦労を思いやったり。

これからも、子どもたちに体験の機会を提供していきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です